『健康』をテーマにさまざまな情報を発信します。健康的に痩せるダイエット法など連載中。
検索窓で材料やレシピ名を入れてご活用ください♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

さつまいも
さつまいもに含まれる豊富なビタミンCはシミやソバカスの抑制に役立ちます。また、ビタミンEは癌の原因になる、過酸化脂質の抑制に働きます。さつまいもはじっくりと加熱することで、βーアミラーゼという酵素が働き、甘みを増します。

さつまいもを選ぶ際には、表面から根が生えておらず、溝が浅いものを選ぶようにしましょう。太く、ずんぐりとしていて、重みがあるもの、また、皮の色が鮮やかで、均一なものを選ぶとよいでしょう。

LUV_KITCHENより
まいたけ
まいたけにはグルカンという多糖類が豊富に含まれています。これはきのこ類に多く含まれ、免疫機能を正常に保ち、がん細胞の増殖を食い止める働きがあると言われています。また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富で、骨を健康に保ちます。


まいたけを選ぶ際には、かさの色が茶褐色で、張りと肉厚があり、密集していないものを選ぶとよいでしょう。軸が固く締まっていて、白いものは新鮮な証です。

LUV_KITCHENより
カリフラワー
カリフラワーに含まれているビタミンCは、加熱しても壊れにくいという特徴を持っています。ビタミンCはウイルスに対する抵抗力をつけるのに役立つため、これからの時期に役立ちます。食物繊維も豊富で、腸内環境を整える効果が期待できます。


LUV_KITCHENより
しゅんぎく
しゅんぎくは緑黄色野菜の1つとして知られており、豊富に含まれるβーカロテンには、肌荒れ解消や、がん予防に効果が期待できます。独特の香りは10種類もの成分から成り、胃腸の働きを高めたり、痰や咳に効果を発揮します。

LUV_KITCHENより
にら
にらはねぎよりも多くのβーカロテンを含みます。βーカロテンには粘膜や肌の健康を保つ働きがあります。また、にらの香りの成分である硫化アリルには、ビタミンB1の吸収を高める効果があり、疲労回復にも役立ちます。

にらを選ぶ際には、葉の幅が広く、肉厚で、緑色が濃いものを選ぶとよいでしょう。切り口が新しく、香りの強いものは新鮮な証です。保存の際は、新聞紙でくるみ、ポリ袋に入れて冷蔵で保存してください。


LUV_KITCHENより